2月5日野口の森里山づくり作業の報告

2月5日野口の森里山づくり作業の報告

参加者:7名

1年で一番寒いこの時期ですが、天気もよく絶好の里山作業日和でした。
葉が落ちた里山は、周りの畑や隣のヒノキ林は雪だらけなのに全く雪がない不思議な空間になっていました。落ち葉のたくさんある地面は暖かいんでしょうか。天気が良く暖かかったので、そんな気持ちにさせてくれる一日でした。
今回は作業道から斜めに下る新しい作業道の角あたりと1,2区画の下の間伐を行いました。力丸君が転倒しそうになったり、けっこう大変でしたが、薪もたくさん伐り出すことができました。このあたりはコナラが少し多くなったような気がします。力丸くんの前をまるまるとしたモズが先導していました。モズってけっこう大きいです。
ちょっと早いバレンタインイモチョコをいただき、ますます作業に力が入りました。

ウスタビガの繭

ウスタビガの繭

 

 

 

 

 

 

 

ピンぼけモズ

ピンぼけモズ

 

 

 

 

 

 

 

 

次回は3月4日の予定で、エリア5,6あたりの間伐の予定です。
落ち葉かきも少しやりたいと思います。

定例作業は毎月第一日曜の予定です。
3/4(日) 定例作業(落ち葉かき、間伐など)
4/1(日) 定例作業(落ち葉かき、間伐など)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.