5月のゴンテツの森

伐って積んであるアカマツの丸太を薪用に玉切りして持ち帰りました。雪で崩れた薪も積み直して、周りを観察すると間伐で明るい陽差しが差し込んでゴンテツの幼木もたくさん葉を開いていました。道沿いには対生の丸い葉の小さな木がたくさん生えています。マルバカエデでしょうね。小さなクロモジもたくさん生えています。

ゴンテツの幼木

ゴンテツの幼木

マルバカエデ

マルバカエデ

 

 

 

 

クロモジ

クロモジ

アカマツの薪

アカマツの薪

 

 

 

 

 

 

アカマツの薪もけっこう軽く乾いてきました。たくさん使って気持ちのいい里山になってくれるといいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.